第4回新嘉坡遠征記+α(前半)

ま、行ったのが4回目ということで。
長文スマソ。
2005/09/19〜09/21

9/19の夕方の便に乗って現地へ。22時半到着。
現地で飼っているネコにはじめてのご対面。
scat.jpg

・・・最初のアイサツがネコパンチだった・・・(泣)。

9/20は、まずは今回の行動拠点となる父親の会社のオフィスに。

PCを使わせてもらったんだけど、ネット回線がダイヤルアップの48Kという状態に愕然。
ああ、ここは日本とはエライ違うんだ・・・
デジカメで撮った写真を現地のPCでアップ、という企みは見事に破綻。

その後は父親の知り合いが担当する、現地の日本人向け少人数ツアーに混ぜてもらう事に。
人数は自分含めて5人だったんだけど、あとの4人が「カップル2組」だったため、
いきなり帰りたい衝動に駆られる・・・(w

大きくなったマーライオンと、チャイナタウン、
現地随一の野外Hスポットデートスポットの「Mt.フェーバー」などを見てきました。
fever.jpg
(Mt.フェーバーからセントーサ島を見下ろす)

夕方以降は父親の知り合いの人たちと宴会。この時点で腹壊す。

9/21はマレーシアのジョホールバルにまで遠征。
johor.jpg

と言っても路線バスで1時間もかからない場所。
市街地近辺で現地の料理食ったり、海賊版CDROMの捜索とかをしてました。

マレーシアは通算2度目なんだけど、ツアーを使わずに行ったのは初めて。
初めて新嘉坡〜マレーシア間のイミグレーションを実体験。
(注:現地のバスツアー使用の場合は、「添乗員にパスポートを預けてバス内待機」の場合が多い)

バスを降りて、シンガポール側の出国審査を終えてから、
またバスに乗り、1km先のところでマレーシア側の入国審査を済ます・・・
という形でした。

入国審査後、路線バスには戻らずに徒歩で市街地の中に入って行ったら、
アヤシイ勧誘をしようとしている連中がいっぱいいたり、
道路のど真ん中で乞食をしているホームレスが何人も居る!

ここはとても1人じゃ歩けない・・・。

で、現地の食事は・・・微妙でした。

半日でシンガポールに戻った後は、ブギス(アラブ人)地区にあるフリマを見物。
dichiba.jpg

が、このフリマは「泥棒市場」と現地で呼ばれているものだったりする。
あちこちからかき集めてきた「盗品」が売られている場所。
オーチャードなどの繁華街とは全然違う、異様な雰囲気が漂ってた。

シンガポールもマレーシアも、東南アジアのいち発展途上国に過ぎないところ。
繁華街や観光地などの「光」もあれば、こういうような「闇」もある。
某「白バンド」にも相手されないような人たちが居る。

それを痛感した1日でした。

夜はまた宴会。
もう、しばらく日本酒はいいです・・・。

あとは後日。
diary/memo > 遠征記 | comments (0) | trackbacks (0)

comments

add comment

name
mail
url
comment:

cookie

trackback url

http://micchan.net/sb.cgi/231

trackback