NEWEST /   

言語数はバロメーターではないけれど

Twitterに書こうと思ったけど流れてしまうので。

SONG WRITERS出演者の「Wikipedia執筆言語数」を
比較してみました。
(2013/10/27時点。カッコ内は日本語版以外の執筆言語)

hiro嬢:8 (英語、フランス語、韓国語、オランダ語、ポルトガル語、
      タガログ語、中国語)
中川晃教:4 (英語、ポルトガル語、中国語)
武田真治:4 (マレー語、ドイツ語、韓国語)
コング桑田:3 (英語、ポルトガル語)
植原卓也:3 (タガログ語、中国語)
屋良朝幸:2 (韓国語)
泉見洋平:1
平野良:1
藤林美沙:記事なし


武田真治が4言語しかないのが意外でした。
ちなみにSPEEDは11言語。
ネット普及前がピークの場合は言語数は伸びません。

コング桑田氏は英語版、ポルトガル語版では声優の実績しか
書かれてません。SWのパンフではそのあたり「なかったこと」に
されてましたが。
 
| diary/memo | comments (0) |  

SW感想エントリをあさってみた

表題の件について、ざっとですがTwitterやあちこちの
ブログをあさってみました。
私はミューの専門家ではないので、M!との比較です。

【肯定意見】
・出演者の熱演を褒める内容が大半
・ところどころに差し込んでくるお笑いネタを挙げる
 パターンも多い
・日によって微妙に変えている細部の演出について
 触れている人もちらほら

【否定意見】
・シナリオの完成度
 →シナリオを絶賛しているエントリもあったけど、それを
 書いてる人は他作品も含めて「何があってもポジティブに書く」
 スタイルに見受けられたので、カウント対象外としています。
・「感動が無い」と言ってる人も居た


M!とは真逆の傾向と言えるでしょう。
だいたい私が2回見て思ったことと一緒ですね。
そこまで感覚がズレてないようで一安心です(--)
 
| entertainment | comments (0) |  

SONG WRITERS2回目観覧レポート

1週間前に続いて見に行ってきました。
たまたま研修で神田まで行っていたので、研修後に
行きやすかったからです。


続き▽
 
| hiro | comments (0) |  

熱演と寒いシナリオと

やっとこさSONG WRITERSを観に行きました。

9月に予定していた夏季休暇期間にどうしても外せない
客先プレゼンが仕込まれてしまい、泣く泣く返上した夏休みの
取り直しとして、平日のこの日に休みを取って行ってみました。

・・・で、休む宣言した数日後に↑と同じ案件で重要な社内イベントが
仕込まれてしまい、2度目の返上もあり得た状況だったのだけど
さすがに勘弁してもらいました。
計画休暇が2回連続で飛んで行くって、どこのブラック企業ですかと。

というわけで現地。


シアタークリエの中に入ったら見渡す限り女の人ばかり。
♂の客は20人も居なかったんじゃないかと。
ものすごいアウェイ感。平日昼間に観劇するもんじゃありませんな。

以下ネタバレ。
続き▽
 
| hiro | comments (0) |  

NEWEST / PAGE TOP /   


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2013年10月 次月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)