NEWEST /   

ネットで人を特定するには「文体診断」が重要

やや今更ネタですが。

・「遠隔操作ウイルス事件真犯人の書き込み」を文体診断にかけてみた

真犯人が誰なのかという議論は置いておいて、
この事件は、「IPアドレスは捜査の水晶球ではない」ことが
ようやく一般層にも浸透するきっかけになったかと思います。

Torやオープンプロクシ使えばほぼ追跡不可能ですし
IPを偽装するプラグインもあちこちにあります。

じゃあ他に何が証拠として使えるのか?

ユーザーエージェント(PCのOSやブラウザ情報)は
今時のブラウザならGUI操作で偽装可能なので
これは証拠になりえません。

そこで出てくるのが「文体診断」です。
メールの文体から犯人との同一性を判定する。
デジタル版の筆跡鑑定と思えばいいでしょう。

今年初めに「メールの文体も分析している」というニュースが
流れた時、「それはないだろwww」と失笑している人達を
多く見かけましたが、現在の技術ではこの文体分析が
結構有力な手段なのですね。

MediaWiki系のサイト(WikipediaやUncyclopediaなど)には
投稿ログから投稿者のIPとユーザーエージェントを取得して
アカウントの同一性判定などを行える「CheckUser」という機能が
あるのですが、その機能を使うに辺り、このような戒め文があります。

 ・「CUは魔法の水晶球ではありません」(CheckUserについて/UCP)

IPとユーザーエージェントだけで判定するなという内容です。
もう5年以上前からこの戒め文はあるのですが、容疑者の
投稿傾向(投稿する記事名・ジャンル・文体傾向)も加味して
判定しなさいという意味です。

投稿傾向も短期間であれば偽装出来ますが、経験上、
数ヶ月以上のスパンで偽装し続けることは困難です。
どこかで我慢できなくなって馬脚を現します。

従って、遠隔操作ウイルス事件については、しばらく泳がせて
文体から馬脚を現せさせてから逮捕に踏み切るべきだったと
考えています。

おわり。
 
| society | comments (0) |  

無対処の末

・Facebook、横行するなりすましの現状と対策 (1/2)

最近自分の観測範囲でも「なりすまし食らった」という話を
聞くようになりました。

目的はいくつかあるだろうけど、上記記事には出ていないポイントとして
「育成されたアカウントの大量獲得」というのもあるんじゃないのかな。
なりすまし友人申請→3人以上から承認→なりすまし相手のアカウントを
乗っ取る、という流れで。

育成されたアカウントを何に使うかというと、
何処かの企業系FBページに対する「いいね!」の水増し。
こんな話も昨年ありました。
「日本でも、いいね!水増しサービスが登場」

単純に新規アカウントを量産→そのアカウントで「いいね!」連発だと
スパムと見做されてアカウント凍結一直線だけど、
すでに何年何ヶ月も使われるアカウントに対しては、例え乗っ取られ
アカウントだとしても、凍結には運営側も二の足を踏むでしょう。
凍結したら、乗っ取られた側の人は二度と復帰できなくなりますから。

ネット上で人気があるように見せかけるには、「育成されたアカウント」の
存在が不可欠です。
先日のGoogleグループ問題の煽りではてブ数水増し工作がバレた
某SNSコンサルタントの事例でも、「アカウントは育てるものですので」という
フレーズが出てきています。

今回のFBアカウントなりすまし→乗っ取り多発騒動については、
よくある「出会い系サイトへの誘導」や「個人情報の獲得と悪用」よりも
いいね!水増し目的の方が強いんじゃないのかなと見ています。

出会い系サイトへの誘導にしてはリターンが見合わない気がするし
(さすがに育成済みアカウントであっても短期間でアウトでしょう)
クレカ情報の悪用も、日本のFBではリターンが少なそうだし
じゃあなんだろね?と。

そこで考えられるもう1つの線が、「いいね!の水増し」ということです。
いいね!の対象が変な出会い系アプリとかでなければ、
何の規約違反にもならないし。

推測ですけどね。

もう1つの線として、ちょうど時期が同じネット選挙運動解禁に絡んで
「多数派工作」にその乗っとりアカウントを使うのかな?と考えたけど
参院選まであと1週間ない今では効果が疑問なので、この線はないでしょう。


見てて思ったのが、二昔前、と言うか2000年代前半までなら、
この手の「個人に対する迷惑行為」は、プロバイダにログを揃えて通報すれば
大概の場合は一発で対処してくれたのです。
最低でも加害者への注意指導をISPがやってくれました。
私も何度か通報したことがあります。

ところが今は、SNSが普及してIPアドレスや時刻などの「ログ」を出すこと自体が
不可能だし、なら代わりに運営側がISPに通報したくても、肝心のISP側が

「個人間トラブルや、サイト利用規約違反に関する苦情は受け付けません」

という態度を取るところが大多数になってしまいました。
苦情が多すぎて、対処しきれないということでしょう。

その結果、例えばNTTドコモの端末からWikipediaへの投稿が
1年前から一切出来なくなっていたり、変動IP制を取っている大手ISPが
軒並み2chに書き込めなくなっているなどの弊害が出てきています。

もうちょっと、ISP側がこの手の迷惑行為に対して
以前のように腰を据えて対応してくれれば、少しはマシになると
思うんだけどねえ。
多少ISP費が上がってもいいから。
 
| society | comments (0) |  

グダグダイベント

・島袋寛子、沖縄を歌うソロライブ開催(BARKS)

昨日行って来ました。夜は所用があったので昼の部だけですが。

まだネタバレ書けないので、という免罪符の元
書くのが面倒くさいセトリは書きません。

今回は開演30分前に会場の品川ステラボールに着いたのだけど、
中に入ろうとしたら係員から「すみません、外で並んでください」と止められる。

で、外に行ったら何百人もの人の列。
並んだら熱中症間違いなし。(自分は結構熱中症になりやすい体質)

はい?開場時間30分過ぎてるんですけど??

なんかよく分からないけど開場が遅れたとかサイン会が
どーたらこーたらで、なかなか入場口で人を捌けない状態に
なってたらしい。

あのー、ステラボールが何万人も入るスタジアムやアリーナだったら
まだ理解できるけど、1000人入るかどうかってハコですよ?
この点も、ライブにお金がかけられなくなってる弊害だろうねえ・・・。

熱中症になりたくないので、開演5分前まで品プリ入り口付近の
喫煙所に避難して、その時点でも数十名ほど外に並んでいたけど
これなら数分で行けるはずと判断して列に入る。
ほどなく入場。

ライブ本体ですが、メンバーとしてはドラムとベースの人が変わってました。
私が毎回気にしているドラム担当は、前回から入れ替わって加藤聡氏。
プロフィールを見ると、ジャズドラマーのアラン・ドーソンの影響を
受けているようで、確かにジャズぽかったかも。

若干走りがちなのが気になったけど、メリハリが効いてて
良いプレイヤーだと思いました。今までより1ランク上のドラマーって感じ。

曲中に左手のスティックを回しながら持ち方を変えるシーンが何度かあって、
その度にスティック落とすんじゃないかとヒヤヒヤしたのは
あの会場に居た人の中では自分だけだろうな、多分。
大阪に行かれる人はドラムの人の左手にも注目してみることオススメ。

姫様ご本人ですが・・・珍しく、張り上げ調の声が出てた気がします。
全体としてはB+といった感じでしょう。何がB+なのかよく分かりませんが。
曲数が少ないのはもう慣れました。

終わった後、現地でCD予約した人に対するサイン会が行われるという
アナウンスが有ったのだけど、入場時のグダグダ感から見て
ヘタしたら2時間待ちを食らうと思ったのであきらめて撤収。
ただ実際はそうでもなかったようで、今は若干後悔。
まあそのうちまたあるさ(あるのか?)

で、この日最も思ったこと。
続き▽
 
| hiro | comments (0) |  

パ・リーグに倣え

久々のblogエントリは意見表明の場として。

観客動員が頭打ちのJリーグ。
その打開策はいろいろ検討されているようですが、
メディアを通じて世に出てきたのが「秋春制移行」と「2ステージ制復活」。

「何でそれなの?」というのが正直なところです。

個人的には、Jは野球のパ・リーグに倣うべきだと考えます。
なかなかセ・リーグの影から出ることが出来ず、様々な試行錯誤を経て
今ではJリーグよりもはるか上のレベルで地域密着に成功し、
観客動員も高め安定。
次から次へと新しいスターも出てきています。

そのパ・リーグがやってきた試行錯誤の「成功例」を、
Jは模倣すべきという考えです。
逆に、失敗例はやってはいけません。

では成功例と失敗例は何だったのかを列挙してみます。

【成功例】
・リーグの中心となるべき強豪チームの確立(1980年代の西武が該当)
・様々なチャネルを活用した宣伝戦略
・企業名と地域名を併記したチーム名にした上での地域密着戦略
・スタジアムの新設・改築
・本拠地移転
・実力と話題性を備えたニューフェイスの登場

【失敗例】
・2シーズン制
・複雑怪奇なプレーオフ制度(クライマックスシリーズ以外)
・不祥事(黒い霧事件)


成功例の中でJリーグが出来そうなことは、
「様々なチャネルを活用した宣伝戦略」「地域密着戦略」
「スタジアムの新設・改築」の3つでしょう。
やれるクラブが限られるけど、「本拠地移転」も1つの手。
日ハム・ソフトバンク・千葉ロッテは本拠地移転と
スタジアム新設効果が観客増の大きな要因の1つに
なっています。楽天も成功例と言っていいでしょう。

地域密着についても、今のJのクラブは地域貢献イベントを
回数こなしてそれをアピールするだけの「押し付け感」が
目立つ気がしています。

サポーター層に限ったアピールだけは上手なクラブが多いですが、
関心のない、一般人を引き込むという観点が足りていない。

それどころか、「Jリーグとかのサッカー観戦は、全員起立しないと
応援団から怒られたり殴られたりするんでしょ?」
と真顔で言われることが
珍しくありません。

これは大きな改善ポイントです。

一方、失敗例の中に、1973年から10年間行われた2シーズン制があります。
パ・リーグにおける2シーズン制は、最初の数年こそ観客動員増の
効果がありましたが、1980年で動員が頭打ち。
その後は西武以外の動員が極端に落ち、また1975年の阪急のように
前期優勝チームが後期のほとんどを消化試合にして成績を度外視する
弊害も出ていたため、1982年で廃止されてしまいました。

つまり、今のJリーグがやるべきことは、上記でも挙げた

・宣伝戦略の根本的見直し
・地域密着戦略の根本的見直し
・スタジアムの改築や増築
・可能ならば不人気クラブは本拠地移転も考える


の4つだと考えます。

悪い意味でスカパーに独占状態のメディア戦略を
多方向チャネル型戦略に見直し、
関心のない一般人にも振り向いてもらえるような
地域密着戦略に変え、
スタジアムというハードをアップグレードすることで
新鮮味を復活させる。
やや極端だが、何やってもダメなら他所に行くことも考えてみる。


逆に、2ステージ制の復活は愚の絶頂です。
最初の数年は良いかもしれませんが、数年後には倍返しを食らいます。
痛み止めの効果しかないでしょう。

なお、秋春制に関してはこの観点では何とも言えませんが
今まであちこちで出てきた「年度ずれ」などの致命的な
問題点が多いので、基本的には賛同してません。


あと「地域密着」に絡むのですが、Jの理念から来ている
「クラブ名に企業名を入れない」というルールについては
撤廃したほうがいいんじゃないかと思っています。

その理由となる、わかり易い例を挙げます。

北海道日本ハムとコンサドーレ札幌。
福岡ソフトバンクホークスとアビスパ福岡。

地域密着に成功しているのはどちらでしょう?
関心のない層をスタジアムに引きこみ、リピーター化に
成功しているのはどちらでしょう?
答えるまでもありませんよね。

企業による資金投入の足かせになる地域密着のフリをしたルールは
とっとと取っ払ったほうが良いのではと考えています。

以上。
 
| soccer | comments (0) |  

NEWEST / PAGE TOP /   


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2013年07月 次月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)