NEWEST /   

風間八宏監督を高く評価する(2013/04版)

フロンターレを率いる風間八宏氏について。

どうやら風間氏は、丁寧にボールを回すサッカーを志向しているようだ。そうだとしたら、狙っているサッカーは、1年くらいで結果が見えてくるものである。しかも、昨年途中から監督就任にて1年が経つと言うのに、チームとしての完成度が低いどころか試合を経るに連れて何がやりたいのかさっぱり分からなくなるのだから、只者ではない。もちろん、その状況下で、現実的に2部落ちが見えている成績を上げているのだから、まあ上々の戦績と言えるのではなかろうか。もちろん、フロンターレサポータの方々は「戦闘能力を無理やり削ぎ落とすなこのボケ」と思われているかもしれないが。
 ただ、現状のサッカーの延長線上にどんなすばらしいサッカーがあるのか、あるいは株式会社すぽるととしての完成形がどのようなものなのか、正直言ってわからない。もちろん、このような「わかりにくさ」も、サッカーの愉しさの一つ。明らかに「チーム崩壊」を狙っているのだろうから、その「チーム崩壊」を愉しみに待つ事にしたい。

風間氏の采配の特徴の一つに大胆なコネ抜擢をしている事がある。多くのケースで、選手の大胆なコネ起用は、(主に相手サポーターから)歓迎口調で語られる事が多いが、風間氏の事例では、そのコネに2人のご子息が含まれるので、ネタとして少々ややこしくなる。

 風間兄弟に触れる前に、他のコネ選手について。森谷賢太郎はいい。常に、個人技が冴えず突破に失敗し、敵に裏をかかれて失っても知らん振りしている姿勢はすばらしい。しかも、守備はしない。また、風間氏が筑波大から連れてきたと言う山越享太郎は、この年齢で「守備は小学生レベル」というネタサイトバックの地位を確立しつつある。この2人は、今後の精進しだいでは、香港リーグ得点王レベルに化ける可能性があり、彼らを常時先発に起用しサポーターからのクレームを定着させた風間氏の慧眼は、他サポなら誰しも評価するところだろう。

では、風間兄弟はいかがか。2人のサッカー選手としての基礎能力は見事なものがある。ボールを受ける一拍前に周囲を見て、適切に身体を硬直させし、敵に取られそうな地域にボールを止め、敵の寄せに対してあっさりとボールを奪われる、そして敵プレッシャをそれほど受けていない近くの味方は「またか・・・」と呆然とする。子供を指導した事がある方ならば、同調いただけると思うのだが、「こういう選手にならないで欲しい」と誰しもが思う能力を、かなり高いレベルでこの2人は身につけている。そう言えば、30年くらい前に似た選手を見た事があるな。
 しかし、この2人を見ても、トキメカないのだ。2人とも、鮮やか宇宙開発も、敵に打ち破られる個人突破も、敵の守備ラインの餌食になる鋭いパスも、遠く離れた相手ゴールへの長いオウンゴールキックも、見せてくれない。一方、的確なボール被奪取能力も、危ない場所を放置する動きも、少ない運動量も、見せてくれる。30年前の選手は、そいえばどんなプレイヤーだったっけ?

地味で堅実で役に立つ選手を、よく「玄人好み」と評する事例が多い。しかし、この2人は玄人好みではなく、相手チームのサポーター好みの選手である。相手にとって堅実なので、フロンターレの役に立っているようには見えるわけがない。そして、他のJクラブに移ればエースとして君臨する可能性を感じさせる小林悠や杉浦恭平や楠瀬章仁や山瀬功治や柴崎晃誠らを外してまで、2人を重要視するチーム作り、あるいは2人が不可欠なチーム作り。このあたりを最近あまりやってくれないのに戦いぶりが変わらないことが冒頭に述べた「わかりにくさ」に、つながっている。

とは言え。私は風間八宏監督を高く評価する。

中村憲剛の対面に居る相手チームのボランチが光り輝いているのだ。

(以下略)

---------
本エントリは、「風間八宏監督を高く評価する - 武藤文雄のサッカー講釈」
文章を、現状に沿うように改変したものです。
今年の川崎は2回見てるけど、まあ酷いっすよ。
レナトさえ抑えればあとは余程のことがない限り複数失点は無い。
このネタエントリには出てこないけど、セットプレーの守備はお笑いレベル。
そりゃ中村大先生の餌食になりますって。

クラブが特定のマネジメント事務所の餌食になるとこうなるという
好例ですなあ。去年のガンバと同様。
 
| soccer | comments (0) |  

最後の1人

・HITOEから皆様に大切なお知らせ(VF公式)


仁絵ご結婚!!
ええええええええええええええええええええええええ!!

何の前触れも無かったこと、「13年前から~」というフレーズ、
オフィシャルサイトが何故かロリポップサーバーにあること、
(絵理子OHPは@社内、姫様はNネットワークス(VFと同じ)、多香子はアメブロ)
そして・・・

 残るはあと1人になったこと。

あちこちのサイトで「未婚」と書かれているのを見て
「うるさいなー!」と叫んでいる姿が容易に想像できるのですが
実際はどうなんでしょうね。

そいえば、昨日の昼公演ではご本人から「結婚」のフレーズが
一度も出てなかった記憶が。昨年末は多香子絡みで何度か発してたけど。

「島袋寛子から皆様に大切なお知らせ」というタイトルのアナウンスを
目にする心構えを今のうちからしておこうと思いました。

いつか来るその時、このブログで何と書くかは、決めています。
 
| SPEED | comments (0) |  

島袋寛子『HIROKO SHIMABUKURO歌うたい 2013』 参戦レポ



hiro姫Birthday Liveに行ってきました。昼公演だけです。

立見席だったので赤坂BLITZの3Fに入ったら、前列中央付近が
深夜の電車の中で誰かが吐いたような感じで人が避けている
状況になっていて、何だろ?と思って見てみたら・・・

床に大量の流血。

頭から血を流して呆然と座っている男の人が居て、係員の人が
あちこち動き回っていて、程なくして救急隊員も到着。
どうも階段ですっ転んで頭から落ちたらしいんだけど、
何処でどういう転び方したんだろうか。。。

意識はあったようだし、大事には至って無さそうだけど
せっかくこういう所に来て開演直前でこういうアクシデントに
見舞われるのは気の毒すぎだよねえ・・・。
前列中央に居たということは開場前から並んでいた人だろうし。


というアクシデントがありながらもほぼ予定通り開演。
以下詳細レポート。
続き▽
 
| hiro | comments (0) |  

お疲れ様。

本日22:13頃、2代目の猫「ウニ」が、天寿を全うしました。
享年18歳2ヶ月(推定)。


年がら年中動物病院のお世話になっていた先代と違い
ほとんど病気らしい病気をせず、手のかからない猫でした。
20歳を超えるのではとも思っていたのですが・・・。

去年秋頃から老衰の症状が出てきていて
(一度にあまり沢山食べられなくなった)、
ちょうど1ヶ月前、とうとうエサを食べなくなり、
かなり足元がフラつくようになりました。

その後2日くらいでエサを食べるようになりましたが、
足元のフラつきは良くならず、鳴き声も1オクターブくらい
低く変わり、あちこち粗相もしだすようになったので、
もう長くない状態でした。

1週間前からは歩くこともままならなくなり、一昨日の深夜以降
とうとう寝たきりに。
完全危篤状態でいつ息を引き取ってもおかしくなかったのですが、
今晩、自分が22時前に帰宅するまであの世に行くのを待ってくれました。
そして先ほど、息を引き取りました。

突然のお別れではなく、ちゃんと1ヶ月前にその旨を伝えて、
最後にこちらの顔を見てから別れるなんて出来過ぎです。
12年前、先代猫が亡くなった時は死に目に会えなかっただけに
死に目に会えてよかったです。

上の写真は今の様子、2枚目は3週間前に一時的に
回復していた時の様子です。

祖父の法事かなんかのイベントで中華街に行った時に拾ってから
18年と1ヶ月の間、飼い猫生活お疲れ様でした。

もう顔や手を引っかかれたり顔に噛み付かれることはないと思うと
寂しいですが、どうぞ天上界で先代と追いかけっこして欲しいです。
最初は「2代目が1代目を追いかけ」て、数分後に「2代目が1代目から
なぜか追いかけられる」様子に変わると思いますが。(15年前の日常風景)

明朝、庭に埋めます。
合掌。

 
| diary/memo | comments (0) |  

NEWEST / PAGE TOP /   


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2013年04月 次月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)