NEWEST /   

合格る時はこんなもの

例のプロマネ試験の合格発表がありまして。

当日までの準備状況は以下の通り。

・昨年末時点で問題集は買っていた
・でも試験当日までに冊子を開いた回数は2回、計30分弱だけ
・それ以外の準備一切せず。論文対策?それ美味しいの?
・試験前日は山形に遠征して蹴球観戦していた
・試験開始8時間半前にドンストAAの解説エントリを書いていた
・試験当日は5分遅刻><
・6/25に合格発表があったのを完全に忘れていて、結果を知ったのは6/28


・・・てなわけでそもそも準備していなかったわけですが、
出てきた結果はこうですよ。




午前1で足きり食らうかもと思ってたら、すんなり通っていて
論文もA評価・・・って合格じゃん!∑ ̄ロ ̄;)

ウチの部署で6/25に合格発表があった試験区分の合格者が
あろうことか自分1人だけなので、来週あたりに「朝礼」という形で
1人だけ晒し者になることが確定。

某蹴球選手の真似して
「もっと喜べるのかなと思ったけど、意外と喜べないですねー」
と挨拶しよーかなー(--)

合格までの道のりを教えてくれと言われてるんだけど、
実状が↑の通りなので、道のりも何もあったもんじゃないです。
論文も何書いたのかほとんど覚えてません。

まあ、ある意味オレらしい受かり方かな。
大学入試の頃からずーっとこんな感じです(w

これで情報処理試験で受けたい区分が無くなってしまったので
今後は業務系資格に視線を移そうと思ってます。
 
| diary/memo | comments (0) |  

W杯カメルーン戦

こないだまでは「岡田末期のマリノスと被る」と
散々嘆いていたA代表。

今日見たのは、2004年のJチャンピオンシップで
「やりゃあ出来るじゃん!」と拍手を打った時の
マリノスのような、A代表の姿。

「点で守るDFの代表格」とされていた中澤が
「面で守るDFの代表格」の松田直樹のようなDFをしていたのは
シビれました。

リアリズムに徹した時の岡田武史は恐ろしい。

そして、結果を出したのは素晴らしい。
 
| soccer | comments (0) |  

壁紙によって気分は変わる

これまで会社のPCの壁紙はYKKAPのネコ達にしてたんだけど、
クソ忙しい中目の前で寝まくっている姿を見るとやる気が削がれるように
なってきたので、某4人組のものに変えたのです。

これで少しはやる気がキープできるようになったんだけど、
それを知った会社の同チームの人(♀)から

 「壁紙変えたのですね。衝撃でした・・・

・・・衝撃、ってなんじゃーい!(--;

で、今日は開き直って「壁紙勝手に変えたらしばく」と
あちこちに吹聴してきました(--

逆に、家のPCのほうは壁紙はつけてません。
その理由は・・・






 『エ○動画を見る時、壁紙に申し訳なく思ってしまう』


えーと、リアルでこの理由です><
ワタシを誰か救ってくだしあ><

 
| diary/memo | comments (0) |  

思い出の場所消えたり

・HMV渋谷、8/22で閉店

ひゃー、マジですか。
ここ数年足を踏み入れていなかったけど。

hiro嬢のインストアLive+握手会とカヒミカリィのインストアLiveは
今でも記憶に残っています。

HMVはここ1年でビシバシ潰れていて、新宿タイムズスクエア店が消え、
数寄屋橋店も消えて、渋谷とほぼ同時に他地域の3店舗も潰れる予定。

所謂「渋谷系」を中心としたサブカル性の高い品揃えがウリだったのに、
今や気づけば前田敦子写真集を前面に押し出すような
状態になっているとはねえ。

もはや「サブカル系」では食っていけない・・・という事なんでしょう。
CD不況もあるだろうけど、ここが潰れるという事は。

寂しいものです。
 
| entertainment | comments (0) |  

「ゴーストシンガー」増加へ

ちょっと前のこの記事について。

・坂本龍一、タダになった音楽は再び「ライブ」へ回帰する

ネット配信が当たり前になり、音源だけではお金が稼げなくなったから
今後はライブに回帰していくでしょう、という話。

確かにライブ回帰の流れはここ数年顕著で、
数年前までは「CD売上の還元ステージ」(赤字興行が当たり前)
だったライブは、「売上・利益確保のためのステージ」と化してます。

ライブ内容が例年と同じレベルでも、チケ代だけが上がっている例はあちこちに。
ミスチルクラスですら、ライブで億単位の利益(≠売上)を稼いでいるのが実状。

で、そうなると、今までは「耳」を満足させるだけでよかった音楽は
「耳と目」の両方を満足させる必要が出てきます。

その結果、より「見た目重視」の流れになっていくのは確実。

今までは多少見た目が残念でも、サウンドや歌が良ければ
それなりの立場を確保する事が可能だったけど、それも厳しくなるのかなと。

なら、そういう人が「歌声を届けたい」という思いをかなえるためには
どうすればいいのか?

選択肢は2つ。
「整形」するか、「ゴーストシンガー」としてやっていくかの
どちらか。

見た目だけは非常に良い、という人のゴーストシンガーになれば
それなりに食っていけるんじゃないですかね。
海外だと「ゴーストシンガーを使っている人」がレコ大クラスの賞を
獲得した事例もあるそうですし。

「見た目重視化」の流れは止まりません。
そもそも「サウンド」だけで一般人を満足させる事が出来ていた
ここ100年あまりの時代が特異なだけだったのです。
 
| entertainment | comments (0) |  

1文字違うだけで大違い

数年前にトイズ様が作ったスピ10周年記念サイト
なんとなく眺めてみたら・・・

ツッコミ所がちょくちょくあるw

ブレキナ(Breakin'out the morning)のc/wで、HIMを知ってる人にとっては
悪夢としか言いようが無いレベルの劣化カバーをされた「アダムとイブ」
(原曲名:SEVENTEEN DANCE)の紹介が『シアトリカル』・・・何を以って??

あれは今出てきたらAA化されかねないレベルのクソトラックなので
アスキーアートリカルとでも言うべきかも。って何それ。

次。

「1335days」の2枚目の1曲目のタイトルが
リアルワールドへの想い」って!
”ト”と”ア”を間違えるだけでこんなに違うのね(--
 
| SPEED | comments (0) |  

テライケメン

11年前の10/5にワタシを絶望の底に落とした張本人サマが
ユニットを組んで芸能界復帰ですよ!

・LUV'Z Official Wibsite

・・・相方に比べると、直気君はめちゃくちゃイケメンだなあ。
これは勝てません(w

これを見て11年前にあらゆる方面から慰められた事などを
思い出しながら某姫様の「ホント」(VFモバイルサイト上の日記)を
見てみたら・・・


「ロブ様~~~!!」


・・・だそうです。
ああそれでこそ我々の天上天下唯我独尊姫様!(--)
 
| entertainment | comments (0) |  

NEWEST / PAGE TOP /   


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2010年06月 次月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)