NEWEST / < NEXT   BACK >

ネットで人を特定するには「文体診断」が重要

やや今更ネタですが。

・「遠隔操作ウイルス事件真犯人の書き込み」を文体診断にかけてみた

真犯人が誰なのかという議論は置いておいて、
この事件は、「IPアドレスは捜査の水晶球ではない」ことが
ようやく一般層にも浸透するきっかけになったかと思います。

Torやオープンプロクシ使えばほぼ追跡不可能ですし
IPを偽装するプラグインもあちこちにあります。

じゃあ他に何が証拠として使えるのか?

ユーザーエージェント(PCのOSやブラウザ情報)は
今時のブラウザならGUI操作で偽装可能なので
これは証拠になりえません。

そこで出てくるのが「文体診断」です。
メールの文体から犯人との同一性を判定する。
デジタル版の筆跡鑑定と思えばいいでしょう。

今年初めに「メールの文体も分析している」というニュースが
流れた時、「それはないだろwww」と失笑している人達を
多く見かけましたが、現在の技術ではこの文体分析が
結構有力な手段なのですね。

MediaWiki系のサイト(WikipediaやUncyclopediaなど)には
投稿ログから投稿者のIPとユーザーエージェントを取得して
アカウントの同一性判定などを行える「CheckUser」という機能が
あるのですが、その機能を使うに辺り、このような戒め文があります。

 ・「CUは魔法の水晶球ではありません」(CheckUserについて/UCP)

IPとユーザーエージェントだけで判定するなという内容です。
もう5年以上前からこの戒め文はあるのですが、容疑者の
投稿傾向(投稿する記事名・ジャンル・文体傾向)も加味して
判定しなさいという意味です。

投稿傾向も短期間であれば偽装出来ますが、経験上、
数ヶ月以上のスパンで偽装し続けることは困難です。
どこかで我慢できなくなって馬脚を現します。

従って、遠隔操作ウイルス事件については、しばらく泳がせて
文体から馬脚を現せさせてから逮捕に踏み切るべきだったと
考えています。

おわり。
 
| society | comments (0) |  

コメント

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2018年09月 次月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)