NEWEST / < NEXT   BACK >

アホはほっといて次は必勝

・ロンドン五輪予選L(7/31) 日本 0-0 南アフリカ
 得点者:そんなアホな人おらん

勝つと罰ゲームを食らう可能性があった試合で川澄大先生は途中出場。
出さなくていいだろーと思ったけど、出ると見てしまいますね。悲しい性w

最後の引き分け狙い戦術について、そのせいで広告戦略が台無しになった
一部マスコミや、サッカーを叩く機会を伺っていた焼き豚ライターの人達が
ギャーギャー言ってるようだけど、あれは放置で。

ああいう1位通過の方が逆にキツくなるシチュエーションで
「勝って1位通過」にこだわって、決勝トーナメントで致命傷を負った事例を
何度か見てるんだよね。

1位になって大阪→宮城までの移動(2位なら大阪→神戸)を強いられた
2002年男子W杯。

1位通過だと苦手な韓国が来るのがわかってたのに無理に1位になって、
案の定韓国に惨敗して「(監督の)牧内氏ね」騒動が起きた2008年男子アジアユース。

前者では2位通過だとブラジルに当たっていたというのがあったので
あまり言われなかったけど、後者の時はGL第3戦が「先制された後追いついた」
内容だったことと、2位通過の場合の対戦相手が日本が比較的与し易いUAEだったので、

 「第3戦で同点に追いついていなければなあ・・・」

という嘆き声が結構な分量で挙がっていた記憶があります。

逆に「潔く1位で上がったのはあっぱれ」と言った人は私の知る限りゼロ。

そんなものなんですよ。
ルールの範囲でできる戦略を怠って負けた人達が
「スポーツマンシップに法ってよく頑張った」と評価されることはありません。
単に「負けたの?バカだねー」と言われて終わり。

さあ、これで次は必勝度が上がった!
川澄ちゃん次は4点くらい取って!(←無理)
 
| 川澄奈穂美 | comments (0) |  

コメント

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2020年12月 次月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)