NEWEST / < NEXT   BACK >

横取り「自作偽装」文化

・ブログ記事もコピペで丸パクリされる時代が到来 | ぱろすけのメモ帳

この方は初めて「パクられる」経験をされたみたいだけど、
人がネット上で書いた文章をパクる人って昔から居るんだよねー。

私の場合、はっきり覚えているだけで4回パクられてます。
全部列挙します。

①1998年後半あたり
 myHPで某DIVA系歌手に関するコンテンツを立ちあげ、
 そこで対象人物のプロフィールを調べた内容をテキスト化して
 アップしていたら、その文章が丸々ある書籍に転載されていた。

②2011年8月
 アンサイクロペディア(UCP)に
 「UnNews:松田直樹、天界フットボールクラブに電撃移籍」
 というネタニュースを投稿したら、翌日とある松本山雅サポの
 ブログに丸ごと転載されていた。
 さらにその翌日、他の人から苦情が出てエントリを削除。

③2011年9月
 9/2付夕刊フジ(ZAKZAK)掲載の
 「ブログは最高の“バカ発見器”!光星学院の大騒動で露呈」
 という記事で、7月にUCPに投稿していた
 「UnNews:ツイッター、「バカ発見器」に名称変更へ」
 というネタニュースで作った一覧表(トラブル事例)が
 フジテレビ関連の事例を削った形で転載されていた。

④2012年5月
 今年1月にUCPの川澄ちゃん記事に追加した
 「物語の呪い」の内容を、GWにサッカーライターの江橋よしのり氏が
 「なでしこサッカー応援ナイト」というイベントで
 江橋氏自身がまとめたと偽って紹介していた。


④は何故パクられたと気づいたのかというと、
正確な連載時期が分からなかった(1993年か94年のはずだけど)ので
時期をぼやかした書き方になった「松永成立物語」の件を
ぼやかしたまま紹介されていた点です。

江橋氏もサッカー取材でお金を貰う立場ならそのぼやけていた部分を
クリアにしろよと思いますし、それ以前にあそこは嘘も許されるジョークサイト。
もし書いてある内容が嘘っぱちだったらどうしたんでしょうねえ?

江橋氏は普段の仕事の合間に調べている自分よりも
取材力が低い
というのを思いっきり露呈してしまった形です。

まあ「アンタみたいなのが貧乏神みたいにへばりついてるから
今年の川澄ちゃんはあまり点が取れないんだ」という揶揄で
返してあげましたけどね(--)


といろいろ書いてきましたが、まず①は論外ですね。
②③④はUCPに寄稿したものであり、その時点で「みんなのもの」なので
所有権は私にはないですが、出典の明記なき転載は普通に違法。

そういうのを一般個人だけでなく、新聞社とかサッカーライターなどの「プロ」が
平気でやってるのだから、もう著作権という法律は形骸化してるのでしょうか。

出典明記さえしていれば「自分が書いた文章を紹介してもらえた」と
思えるんだけど、それがないと「パクられた!」としか思えなくなります。


こういうのは、暗数が相当数あると思います。
私の場合、いわゆる著名ブログの類はめったに見に行かないので、
知らない間にどこかで見覚えのある文章が載っているという状態が
多数発生している可能性が高いです。
わざわざ探しに行ったりはしないけど。

あと自分以外の人が食らった例も挙げてみます。

2004年上半期に、某歌手ファンサイト方面で
あるかなりの電波な人があちこちの他サイトのコンテンツを
いろいろパクって連結する形でコンテンツを構築していた状況を
目の当たりにしたことがあります。

まあ、いつの時代も「ネット記事をパクッて自作を装う」人は
居るんだなあ…と。

どうにもならないんだけど、困ったもんだねー。
こういう「アレオレ詐欺」はキライです。

以上。
 
| society | comments (0) |  

コメント

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2018年07月 次月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)