NEWEST / < NEXT   BACK >

怪しいメール ○○さん

会社のメアドにこんなメールが。

--------------------------------------------------
○○ ●●様 (注:自分の漢字フルネーム)

人材コンサルタント会社****の××と申します。
本日は○○様のキャリアアップのための~

(中略)

○○様のお名前よりメールアドレスを類推して、ご連絡を差し上げた次第です。
(以下略)
--------------------------------------------------

まあよくあるお誘い系のメールで、普段なら
「どっから個人情報漏れてるのかなあ~」と思いながら
ひと通り読んでゴミ箱にポイだけど、このフレーズがひっかかった。

>○○様のお名前よりメールアドレスを類推して


・・・今回は情報漏洩元がかなりの精度で類推できました。

まず、自分の会社のメアドは、よくある
「名前と苗字を何かの記号でつなげたID」+会社ドメインなので
会社名と名前フルネームが分かる人なら類推は可能です。

但し私の名前は当て字なので、よく知らない人が名前を
呼ぼうとするとそこでひっかかります。漢字⇔読み仮名の変換で。

しかし、今回のメール送り主はそのトラップをクリアしています。
その上で、名前フルネームからメールアドレスを「類推した」と言っています。

以上から、今回のメール送り主は以下の条件を満たす人だと言えます。

①私の漢字フルネームと読み仮名を知っている
②私の現職会社名を知っている
③但し、現職のメールアドレス(ID部分)を知らない

この3条件をすべて満たす人達の層は以下のいずれかです。

(1)私のリアル友人・知人(名刺を渡していない相手)
(2)前職の同僚や後輩(一応知人に該当するが)
(3)前回の転職活動時に使ったリクルートエージェントの「元・中の人」
 ※転職先までは知っているが、メアドは教えてないので知らないはず。

ですが、(1)または(2)経由で漏れたことは考えづらいです。
他人を使ってこんな勧誘する前に、直接声をかけたほうが早いから。

というわけで残るのは(3)だけです。
中の人がリクエーを辞めて他所に行ったり独立する時に
顧客情報を持ち出すという話はちょくちょく聞くし。

つまり、

 『リクルートエージェントに登録している
  自分の個人情報が漏えいしたと強く疑われる』


ということです。

リクエーにクレーム入れようかなと思いましたが
「知らぬ存ぜぬ」と言われたら終わりだし、めんどくさいので
やめておきます。

なんだかねえ。

あ、今の会社に入ってこの11月でちょうど3年になったけど
転職活動する気は今のところ無いです。
それなりに評価してもらってるし。

ほんじゃ。
 
| diary/memo | comments (0) |  

コメント

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2020年12月 次月>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)