NEWEST / < NEXT   BACK >

「大田クルー」で事務所も復興??


NTV系「音楽戦士」の「大田クルーの商店街復興計画!」の公開録画を見に行ってきました。
VFウォッチサイト製作者としては、半ば義務のような感じ??
※と言いつつ、Vision Festaはこれまで全欠席のテイタラク(w

イベント1時間弱前に、現場の宮元睦商店街に到着。
が、HPで書かれていたように、見事に活気がない場所。
「縁日もあるよ」とHPで書かれていたけど、露店はまばら。
「大田クルー登場まであと40分ほどありますので、それまで縁日で楽しんでください」と
アナウンスが流れてたけど、それ以前に時間を潰せるだけの店が無い。
どうやって時間を潰せと小一時間(ry

適当に散歩etcしてなんとか15分前まで時間を潰し、
イベント会場に戻って、商店街の店で買った氷結とイカ焼きを
頬張りながら、彼らの登場を待ちました。

程なくして始まったライヴイベントは、500人ほどの観客を
大田クルーが強引に引っ張る形で、かなりの盛況となりました。
写真撮影制限が一切無かったので、写真や動画を撮る人続出。
あ、自分もか(w

見てて思ったのは、ムダに歌(ラップ)が上手いこと。
この手の人たちは、「イキオイで行って、崩れてもイキオイでごまかす」というのが
ありがちなんだけど、彼らは「決して崩れない」ので、そのような場面が全く皆無。
その理由は、VFタレント陣の伝統にもなってきている「リズム感の良さ」(※)
が彼らにもあったから。

どっかの事務所の人たちとは違い、基礎がしっかり身に着いてる感じ。
だから、イロモノだけど、プロフェッショナリズムも感じられる。
ここらへんは「さすが旧ライジング」と言ったところか??
(※:HINOIチームなどの例外は存在します)

とは言っても所詮イロモノなんだけどね。

後半は「大田区出身ゲスト」の桑野信義氏や、3名の「オカマダンサーズ」も
登場し、異質な盛り上がりの中、30分強のステージが終わりました。

正直言って、「一見のつもりで行った」割にはかなりの価値がありました。
イロモノユニットだから大ブレイクはしないだろうけど、
しばらくの間マニア人気は得られそうな気がします。

でも、もしまかり間違って大ブレイクしてしまったら、
万年斜陽状態の事務所を救って、さらに「大田御殿」が建つのか??
それとも、事務所の崩壊が先に進んでしまって、
宮元商店街の空き家にVF事務所が移転(しかも賃料激安)になってしまうのか?

…後者のほうがやや現実味があるかなと…(w
いや、ブレイクさせようとしたとしても、事務所変えない限りMステには
絶対出演出来ないし、それ以外にもメディア戦略面では結構な不利を被ってしまうでしょう。
敵対事務所である、ジャニーズからの圧力で・・・。

だから、その影響を受けにくい「地域限定のコアユニット」として生きるのが、
長く活動していく上では一番最適なのかもね。

ちなみに、「VF+PonyCanyon」のパターンでは、他にw-inds.と八反が居ます。
という事は、今後「葉山プロデュース」もあり得る??
・・・ないか。

ま、それら雑感はともかく、良いイベントでしたよ~。

 
| entertainment | comments (0) |  

コメント

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2019年09月 次月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)