NEWEST / < NEXT   BACK >

「にんにく注射」の時代は終わり?

2つ前のエントリでネタにした件について、冷静に考えてみる。

今回の件で確実に言えるのは、にんにく注射は今後急速に
衰退化するだろう、という事。

理由についてはこの後。
今回の件は「FIFA基準でアウト」ということになっています。
成分どうこうよりも、「静脈注射」がアウト、ということで。

ということは、世界アンチドーピング機関(WADA)基準でもアウト、と言う事になる。
WADAは国際オリンピック委員会(IOC)が立てた、ドーピングに関する検査団体です。

これがどういう意味なのかと言うと、にんにく注射は
オリンピック種目に採用されている全てのスポーツでアウト
と言う事になります。

にんにく注射は芸能人やスポーツ選手に愛用者が多いという話みたいだけど、
その「主な愛用者」である「スポーツ選手」は、一部(※)を除いて全種目全選手が
にんにく注射をやめざると得なくなる、ということになります。
(※:五輪種目から消える公算が高い「野球」の選手は継続OK)

今回は、ドーピングの事を誰よりも知ってるはずのプロ選手およびプロチームが
起こした失態でした。
さらに、問題発覚の前日ににんにく注射を打った事を嬉々として報道した
マスメディアですら、この事が問題だとは気づかなかったのです。

と言う事は、通達の十分さや情報収集力がプロ選手やマスメディアより
劣るであろう「アマチュア選手」のほとんどは、我那覇の件が報道されるまで
「にんにく注射は禁止行為」であることは知らなかっただろうと思われます。

今回の件を機に、にんにく注射から離れるスポーツ選手は、
プロ・アマ問わずかなり多くなるでしょう。

また、これまではにんにく注射の宣伝文句で
「スポーツ選手に愛用者急増中!」というのを
何度も目にした事がありますが、この宣伝文句も使えなくなります。
スポーツ選手の「禁止行為」になったのですから。

というわけで、一般人を引き込む事も今後は難しくなります。

さらに、「ドーピング」という単語が一人歩きする事で、にんにく注射に対する
嫌悪感を持ってしまう人も結構出てくることが予想されます。
今まで愛用していた一般人の中にも、今後は注射を敬遠する人が出てくるでしょう。

つまり、「にんにく注射」の時代は終わり、と言う事です。
注射でなくて経口摂取なら問題にならないので、
今後は「にんにくサプリ」が出てくるかも知れませんね。

今回は我那覇が人柱になってしまった格好ですが、「静脈注射禁止」が
世界基準として決まっていた事である割には、一般への周知が
全然なされてなかったので、遅かれ早かれ誰かが人柱になってたのかなー、
と思います。

なお、我那覇の処分についてですが、あくまで私の推測ですが
5~6試合の出場停止処分になるのかな、と思います。
禁止成分は入ってないから極端に厳しい処分にはならないだろうけど、
ある程度厳しくしないと示しがつかないでしょう。

今回の件は、「事故で時代が変わる例」となるでしょう。
私も勉強になりました。

おわり(--)

本エントリは久々にトラバを受け付けます。
(↑スパムばかり来るのでやめました)
 
| society | comments (0) |  

コメント

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2019年11月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)