NEWEST /   

hiroフライデー記事考察

VFカテゴリとして考えてみる。

スクープそのものはさておき、メディア報道に関して
腑に落ちない部分がいくつかあります。
今回はそれらの考察をして、記事の意味を考えてみます。
さて、「腑に落ちない部分」とは。

1)撮影時期が矢口真理のスクープよりも前なのに、報道は矢口よりも後である
矢口は4/10に撮影→4/15発売号に掲載(4/14に牛娘を脱退)
hiroは4/8に撮影→4/21発売号に掲載

今のhiro嬢のテイタラクを考えたら、4/15発売号で
「矢口の次の記事」として出しても良かったと思うんだけど、
なんでわざわざTopに持ってくるために1週ずらしたのか?

まずはこの疑問がありました。

2)元々フライデーとVFは仲が良い事
宣伝目的で元スピメンの記事が出てくる事が以前からよくありました。
多香子、絵理子で何度か。
hiroに関しても、大して重要とは思えない「教習所通い姿」を
記事にしたことがあったし。

6年前のジャニJr崩れの時は、フライデーは
相手に対する相当なネガティブキャンペーンを張ってました。

それらの過去経緯を考えると、少なくとも矢口の記事と同レベル
(単純に張りこんでたらスクープにありつけたので記事化、という意味)
で考えることは、ちょっと無理があります。
今回のフライデー記事も、結構好意的な文面で書かれてたし。

スクープと時期を同じくして新曲発表が行われたので、
「宣伝目的の記事リーク」として考えることが出来ます。
「なんかコメントがあるのでは?」という一般人による
OHPへのアクセスを急増させて、新曲発売を広く告知する。
何処かに広告を出すよりも、よっぽど安上がりかつ効果のある
宣伝手法でしょう。

が、そう決め付けるとした場合も、まだ少し引っ掛かります。
それが以下。

3)宣伝目的にしては、新曲発売時期が遅すぎる
8月発売のシングルを今から宣伝するものなのか?
アルバムやツアーならまだ話が分かる気がしますが。

また、この記事の影響で、hiroは今後数年はHEY!3への出演が
出来なくなってしまうのが確実です。
「TV出演の機会が減る」ような事をわざわざする程、事務所は軽率じゃ
ないでしょう。


・・・というわけで?
1)~3)の無限ループに陥ってしまいました。

で、最終結論としては、「まあ、今後次第だね」
という当たり障りの無い結論しか出ませんでした、と。

真実を探れる当てがないわけじゃないけど、
探った所でネットになんか書けるわけないし。

プライベートではクスリや各種違法行為以外は何やってもいいけど、
ホント、もうちょっと表舞台に出てきてくれ~!
というメッセージを書いて、終わりにします。

 
| entertainment | comments (0) |  

NEWEST / PAGE TOP /   


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2021年01月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)