NEWEST /    BACK >

カーリングの「安易な代表選抜論」に物申す

めちゃくちゃ息の詰まった一週間でした。
デリングと愉快な仲間達の皆様について言いたいことは
多々有りますが、頭の中で整理がしきれてないので
今は「よくここまで頑張ったなあ」と言うにとどめます。
後日また書きますね。

さて、五輪の度に沸き上がっている「カーリング代表選抜制
導入論」に対して、意見を表明しておきます。

結論から言うと、「選抜制にしたほうが弱くなる」というのが
私の意見です。

「チームワークに弱点が出てくる」というマイナスポイントがよく
言われますが、私はそれよりも「選抜制にしてもサッカー等のように
強くなることは望めない」という考えです。

その理由は、カーリングという競技の「選手キャリアの国内完結性」に
あります。

日本サッカーの場合は、日本国内である程度実績を積んだ選手が
海外移籍し、そこでよりレベルの高い経験を積むことでスキルを伸ばし、
それを日本代表に招集された時に様々な面で還元することで
代表強化に繋げることが出来ます。

が、カーリングの場合はそういう流れが今の仕組みではあり得ません。
クラブチームごと海外遠征することはあっても、選手個人が海外の
クラブチームに所属して活躍する、ということ自体がありません。

若年層の時に「カーリング留学」を行うことはありますが、
多少留学した程度で得られるモノはたかが知れてます。

従って、「サッカーと同じように代表選抜制にして代表強化」という
図式は、カーリングでは全く成り立ち得なくなります。

実はJリーグが出来る前の日本サッカー界もこれに近い状態でした。
海外から三線級の外国人選手が来ることはあっても、
日本人選手が海外進出することは超レアケースでした。

こういう状態では代表選抜制を敷いても強化効果は出ません。
当時は「日本代表より読売クラブや日産自動車のほうが強い」
とまで言われていましたし、実際の序列もそんな感じでした。

また、それが成績に出た事例として1985年キリンカップが挙げられます。
詳細はキリン公式サイトにあるので省きますが、
6チーム総当り戦で「4位:読売クラブ 5位:日本代表」という
今だったら考えられない順序逆転が起きてますし、
優勝したウルグアイに為す術無く敗れた代表に比べて
読売クラブは3-4の激戦を演じました。

これはカーリングという競技が「30年前の日本サッカー状態」
ということを意味するわけではありません。
キャリア国内完結型の競技では、代表選抜制を敷いても
逆効果にしかならない、ということを意味しています。

そもそもサッカーでも明確に「代表>Jクラブ」となったのは
ここ5~6年くらいの話です。
日韓W杯の頃も「ジュビロのほうが強い」
言っていた著名サッカーライターが居ましたし。
(って、例示するのが金子なのが悲しいけど)

さらに代表選抜制を敷くと、選手や監督、スタッフの選出や
マッチメイクにどうしても「スポンサーの意向」というものが
出てきます。
キリン社のように「代表が強化されることでWin-Winになれる」ことを
狙っている優良なスポンサーだけであれば良いのですが、
残念ながらそうではありません。

スポンサーがバックに付いた選手が、スポンサーの「ゴリ押し」で
代表にねじ込まれるという事態が必ず起きます。


それでもサッカーのように選手登録枠が20人前後もある競技であれば
「スポンサー枠」は20人のうちのごく一部なのでまだチームとして
成り立ちますが、5人しか登録できないカーリングでそれが起きると
ヘタしたらスポンサー枠だけで全員埋まってしまいます。

そういうチームが世界大会の場でどうなるかは言うまでもありません。

今のようなチーム選抜制でも、より有力なチームにスポンサーの意向で
対して力を持っていない選手が1人ねじ込まれてしまうことは
あり得ますが、せいぜい1人居るかどうかなので被害は抑えられます。


まとめると、カーリングの代表を選抜制にしても

・選手キャリアの特性上、サッカーのようなメリットは享受できない
・サッカーで起きてるデメリットはサッカーよりもかなり重く発生する

という状況になるので、むしろ弱体化する・・・という結論です。

ソチ五輪は、開催国のロシアが代表選抜制を採用していますが
女子は前回と同じ9位、かつトリノ以下の結果に終わりました。
(男子は開催国枠で五輪初出場なので参考外)

一方、前回大会ではミュアヘッドを中心とした選抜制を
敷きながらも日本と同率に終わったイギリス(スコットランド)は
2011年以降選抜制をやめ、今大会ではベスト4進出を果たしました。

この事実は、重く見るべきでしょう。
ロクに背景を調べずに、安易に選抜制を唱えるべきではありません。
気持ちは分からなくもないですが、毎回繰り返されると辟易します。


最後にですが。

その2011年WCC(世界選手権)では、ミュアヘッドはなんとリザーブ
だったのです。(「2011」「WCC」の行に注目)
国内選考会で所属チームが負け、勝ったチームの5thとして
ミュアヘッドが招聘されたという形式でした。
(スコットランドのチームは基本4人編成なので、WCCや
五輪では誰かを5thとして招くのが一般的なようです)

後にミュアヘッドがそのチームに吸収される形で
ミュアヘッド+スローンさんのチームが完成して
今大会に至ったというわけです。
スコットランドでもいろいろあるのですね。

以上です。
 
| others | comments (0) |  

今ならステマ扱い間違いなし

・「痴漢男」まとめサイト

電車男の亜種なんだけど、今頃これの存在を知りました。
ドロドロしている分こっちのほうが面白いわーw

でも、作りネタか事実かはともかく、
今こういうネタをああいう場所で進行形で披露しようとすると
「映画業界のステマか?」と言われちゃうんだろうな。
ああ嫌な時代。

あ、アンサイにステマ記事を書いてたりしてます。
元々は別の人が書いてて、それが直近のネタを普通に解説してただけで
今年が終わる頃には賞味期限切れになるのが目に見えてたので
全面改稿したものです。(所謂寝取り(NTR))

その後、いくらか他の方の加筆も入ってます。
興味の有る方はご覧下さいませ。サイトがクソ重いけど。
 
| others | comments (0) |  

大知のV字回復ぶりがハンパない

昨日から「柴田大知」で検索してくる人が続出してるんだけど、
弥生賞取ったのね。

去年障害GⅠ獲った時も書いたけど、今でも気にかけてますよ。
ダービー出るのなら観に行こうと思ってます。
ホント、見事なV字回復ですわ。
 
| others | comments (0) |  

「あの人は今」の候補3人

・まりもっこり公式テーマソングのストリーミング(Yahoo)

・・・( ゚д゚)ポカーン
 
| others | comments (x) |  

早くもプレミア戦略か

・「きりちんぽ」苦情殺到で発売中止へ

というわけでこの商品はサンプルしか世に出ないことになりました。
半年後に、サンプル品をいっぱい売ってる神保町の某店で
1000円くらいで売られてたりして・・・(w

あと、「きりタンポン」は10年以上前に
実際に売り出そうとしたことがあったみたいですな。
即刻販売中止になったらしいけど。
 
| others | comments (x) |  

そんなところを切らないで><

・「きりたんぽ」をモチーフとした「きりちんぽ」が発売

秋田の中学生が一度は考えるだろうフレーズを
そのまま商品化するとは・・・( ゚д゚)

「まりもっこり」に対抗しているらしいんだけど、
♂にとっては変なところが痛んできそうな感じです><

で、これを見て「埋没しているので要手術」
思ってしまった私は、何か病んでいるのでしょうか(--
 
| others | comments (2) |  

頑張りどころを間違えると夢は「破綻」に変わる

日経ビジネスアソシエ・2/19号で山田太一氏が
『頑張れば夢はかなう」は幻想だ、成功者の傲慢だ』というコラムを書いています。

記事は最初だけ見どころあり。
「失敗者には誰もインタビューしてないじゃないですか」というくだりは
なかなか辛らつ。
その後は自身の人生論みたいになっていて
あまり見どころは無いんだけど、意図はこんな感じか。

頑張る方面を間違えると、そのうち破綻して、
本来あるはずのいろんな可能性が激減してしまう。

例えば、30を超えた今の自分が、今から職を捨てて
サッカー日本代表を目指したところで、それが叶う事は100%あり得ない。

どこかで見切ることが大事。

一見ネガティブに見えるけど、出来るだけポジティブな人生を送るには
こういうことも出来ないといけない。

「ムダな頑張り」ほど、ネガティブな行動は無いってことだね、きっと。
 
| others | comments (0) |  

撲滅されると困るのか?

何かのイベント絡みで、


「貧困撲滅」を訴える有名人は結構いる。

「エイズ撲滅」を訴える有名人も結構いる。

「いじめ撲滅」を訴える有名人も結構いる。



なのに・・・




「不倫・浮気撲滅」を訴える有名人は見たことが無い。


結論。

「不倫・浮気の撲滅キャンペーンをやられると困る有名人達」が
大勢いるらしい(--
 
| others | comments (0) |  

やっぱりAAは使いたいね

某所からヒントを得て、スタイルシートを弄くって
AAを貼ってもズレないようにしてみました。

これで心置きなくAAが貼れまする。

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f    AA使えば面白くなると思う時期が
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!   俺にもありました


 
| others | comments (0) |  

続・サボテンダー

誰が描いたんだろうと思ってもうちょい調べてみたら、
大学生が作ったっぽい???
右のサボテンダーを書いた人、絶対FF7以降をやってるな・・・(w

つか募集してるのは「キャラの愛称」だけなのに、
「プロアマ問わず」ってのはなんだろね?
世の中には「キャラの愛称付けで飯を食っているプロ」の方も
いらっしゃるんでしょうか?わかりません!><

で、これの名前を応募してみようかと思ったけど、
某商工会議所に個人情報を送る勇気が湧かなかったのでやめました。
そんなヘタレなワタシの案は以下のとおりです。





 (左)テン子ちゃん
 (中)サーボ君
 (右)ハリセンボーン



・・・・・・・寝ます(--;
 
| others | comments (0) |  

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2018年06月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)