NEWEST /    BACK >

2015WWCC雑感

・平昌五輪へ向けたカーリング女子の第一歩 世界選手権で見えた“新生”道銀の可能性(sportsnavi)

デリングと愉快な仲間たち第3弾は6勝5敗と勝ち越しで終えました。
前回書いたとおり、この大会は勝ち越してくれればいいと思っていたので、この結果は十分だったのではないかと。
デリング自身にとっても、世界選手権・五輪通じて初の勝ち越しです。

ただ内容は決して褒められたものではないです。
上下動がいつにも増して酷くて、ダメデリングが中国戦も出てきてショット率49%という下に突き抜けた数値も出してしまったし。
10年ぶりにラウンドロビンでスキップの80%超が居ないという荒れた大会でしたが、荒れるとこの人も荒れるのね。
船山さん不在も大きかったんじゃないかな。ダメデリング発動時に戻してくれる人が居なかったから。

それと、二代目小野寺さんの「勝手にスイープ癖」が結構足を引っ張ってた気が。
あれでlongになったり方向がずれたりしたシーンがかなりあったような。

それでも世界大会の経験が無く、体力の使い方が分かっていないチームにとってはいい経験だったでしょう。
特に吉村さんにとっては、あれだけヘロヘロになりながら最後までスキップをやり切ったデリングの姿を見て、スキップはどうあるべきかを学べたのではないかと。
来年はどこかでサードとフォースを入れ替えて試合に臨むこともあるでしょう。というかないとダメ。

優勝したスイスのAlina PAETZは、スイスの中では3番手グループに居たチームながら代表戦に勝って出場しており、「今回は6位が目標」だったらしいですが、最終的には優勝。
つまり世界選手権勝ち負けクラスのチームが3つ以上あることに。
日本とそこまで競技場の環境は変わらないようだけど何が違うんでしょうね。

日本と強豪国との差は「国内リーグ戦」を始めとした公式戦の多寡かなと思ってます。
去年アドヴィックスカップが新設されたけど、これだけじゃ不十分。
道銀のサポートを始めたカルビー様あたりが冠大会開いてくれればいいんだけど。
去年限りで降りたJリーグのスポンサーやるよりはるかに低コストで視聴率取れるんじゃないかな。観客動員収入は見込めないけどね。

次はおそらく9月辺りのPACCトライアル。
船山さんはまだ復帰できないだろうけど、誰か臨時で入れるのかな?それとも4人のままでしょうか。

おしまい。
 
| デリング | comments (0) |  

船山さんの居ない大会初体験序盤の雑感(カーリング女子世界選手権)

・北海道銀行、強豪に連勝=スウェーデン、スコットランド破る

1年半前に「船山さんが居ないと私のカーリングが成り立たない」とまで言っていたあのお方が何処まで出来るのか?というところに注目して見てる大会。
初戦がスーパーダメデリングだったので「ああやっぱり居ないとダメなのか」と思ってたら、次のスウェーデン戦で好調に戻り、その次のスコット戦はまた不調に戻ったけど最後の最後に強気で行ったら勝ちを拾ったという展開。

つまり、今のところ通常通りだと(--

それにしても物凄い難しいアイスのようで。
あれだけデリングやらかしてるけど、現時点の大会ショット率はカナダのJennifer JONESと同じ(69%)で6位タイだったり。
1投目は多少ミスしてもいいから2投目で決める展開にして欲しいなあ。
あの人、1投目がナイスショットだと失点リスクのほうが上がるしw

個人的には予選リーグで勝ち越してくれれば上出来かなー、と思ってます。
 
| デリング | comments (0) |  

あなたが一番心配(PACC代表トライアル雑感)

・【カーリング】新生・北海道銀行「五輪メダル」仕様の強さ(Sportiva)

11月のPACC(パシフィックアジアカーリング選手権)代表トライアルで、下馬評通り道銀のみなさんが代表権利をゲットしたという話。

予選ラウンドロビンの最終日と決勝ラウンドの最後の2日だけustreamで見てたけど、吉村さんがめちゃくちゃ効いてたし(正直、予想以上)、デリングの戦術は冴え渡りまくりだし、今は勝つべくして勝った印象。
圧巻だったのは最終日。
第1エンドで後攻を取った相手(LS北見)が仕掛けてきたのをあっさりかわして1点スティールすると、後攻になった第3エンドではエンド途中で逆にデリングが仕掛けて、気づけばラストロックで3点チャンス到来。凄い戦術だなあ、ここできっちり3点取れれば完璧だなあ、と思って見てたら・・・

 デ リ ン グ ス ル ー 炸 裂

このエンドで逆に1点スティールされるという大チョンボ。
あほかー!

まあその後は1点ずつチマチマと取り(これ自体凄いことではある)、最後はLSの本橋さんのミスショットで終わったのだけど。

この人のスルー炸裂は何故か致命傷にならないのですよね。
去年のあのノルウェー戦とか、五輪のロシア戦第8エンドとかスイス戦第10エンドとか、スルーをやらかして見てる方を盛大にズッコケさせた事例は枚挙に暇がないのだけど、何故か敗戦に繋がらない。

一方でショートをやらかすと負けフラグ。
予選の第5戦で、確か第9エンドあたりだったと思うけど、デリングの手番でタイムアウト→次の一投がホッグラインすら超えない大ショート(無効ストーン)…というシーンを見た時は「何も成長していない…(AA略)」と思いましたし、案の定負けてました(--

スキップが一番心配だという状況は今後も続くのでしょう。腹はくくってます(--)。
 
| デリング | comments (0) |  

メンバーシャッフル

・World Curling Tour:2014-15 Teams List(Women)

ワールドカーリングツアーという、毎年秋から春先に掛けて世界中で行われる賞金大会ツアーの、登録チームリストです。
賞金大会と言っても一般的なプロスポーツと比べて桁が1~2つ少ないので、渡航費の足しになる程度ですけどね。

で、ポイントはこれ↓

-------------------------------------
Team: Ogasawara
Sapporo, JPN
S: Ayumi Ogasawara
3: Sayaka Yoshimura
2: Kaho Onodera
1: Anna Ohmiya
A: Yumie Funayama

Team: Funayama
Sapporo, JPN
S: Yumie Funayama
3: Kotomi Ishizaki
2: Mao Ishigaki
1: Natsuko Ishiyama
A:
-------------------------------------

船山さんが分裂してスキップになってる!!Σ(--;
さらに、分裂先にはこないだ人材派遣会社をバックにつけたWINS残党組3人のうち2人だけが加わり、現役から離れて解説に回っていた石崎さんが復活してる!!
どういうチームなんだろう。
この4人で自発的に集まったとはちょっと考えづらいので(特にWINS残党の2人は)、北海道協会が主導したのですかね。

ぜひこの2チームが対戦する姿を見てみたいです。
仮にチーム小笠原(道銀フォルティウス)のリザーブとリードを入れ替えた場合、船山さんが後攻のチーム船山のスキップとして2投投げた後、道銀側のリードとして2投続けて投げる…というシュールな光景も実現可能になります(--)
 
| デリング | comments (0) |  

バッドエンドかハッピーエンドか

・北海道銀行フォルティウスの新体制について

しばらく報道を注視してましたが
「あ~、吉村ちゃん本当に後継者として育てるのね」
「なぜ近江谷??」
というのが正直な感想。

後者の人はとうとうOHPまで閉鎖したチーム青森の顛末を見るに
「キングボンビー襲来」としか今のところ思えないので
どういう裏事情があったんだという感じです。
国際大の他の人とかホームリンクで事務員やってる人とか
いろいろ選択肢はあっただろうに。

まあ上に強烈なお2人が居るのでそこまで悪影響はないだろうけど。

中電はいろいろ憶測があるけど、今の時点で「公式サイトが消えた」という
ことと、ほっといたら5月末でドメインが切れるという
事実がある程度。ただ寂しい方向には動いているようで。
あんまり好きになれないチームだけど居なくなったら寂しいなあ。

あゆみえ物語はこれからクライマックスに行くわけだけど
ちょっと全体的に寂しい流れ。
道銀の一強になりそうな気配だけど、他が消えゆく形での実現は
デリングの願っている方向とは逆だろうに。

行き着く先は、バッドエンドかハッピーエンドかグッドエンドか。
いろいろ思いはあるけれど、とりあえず公式サイトをまともに
運営してくれる会社or人を確保するところから始めたほうが
よろしいようで。

おしまい。
 
| デリング | comments (0) |  

疲れました/ソチ五輪女子カーリング総括

女子カーリングを1週間見続けた感想は


『疲 れ た 』


この一言です。

期間の終盤でワタシは38度近くの微熱を出してましたが
デリング劇場と無関係ではないと思われます。
大雪のせいかも知れんけど。

中国戦のスーパーデリング発動は本当に嬉しかったし
その次のスウェーデン戦で「前の試合で力を出し尽くした何とやら」
という漫画のような展開で玉砕してましたが、もしあれで
タイブレークに行かれたら見てる方の体が壊れると思ってたので
今回はあれで一安心というところです。
デリング劇場は見る方にも体力が必要ですな(--)

さて今後。

本人は「今は考えられない」と言ってますが
たった3年であれだけのチームを作り上げ、
これまでの経緯を知っている人からは無謀とみなされた
「5位以内」という目標を達成できたのに、またスクラップ&
他所でビルド、というのは勿体なさ過ぎます。
実態を知らない一部の一般人から強烈に叩かれてますが
そういうのは華麗にスルーして次へ進んで欲しいです。

デリング本人についてですが、ショット率75%という数字は
日本代表スキップの最高記録です。
70%だったトリノからワンランク上げています。

ただこれでは予選中位止まりです。
特にドロー系のショット率が70%でスキップ10人中
9位というのは褒められません。
(※WCFのソチ特設サイトの数値より算出)
尤も今回はドロー系があまり決まらないアイスであり
中国の王さんですら76%、スイスのOTTさんは73%で
準決勝のラストでとんでもないミスショットを犯して負けるなど
総じて苦しんでいたのも確かですが。

何処かのニュース記事で船山さんが「強豪は全員80%を
超えてくる」とコメントしていたのを見ましたが、その数値が
今後の目標になるでしょう。
まさかこのblog見てるわけじゃないよねガクブル


さて、予選リーグの成績からこういうデータを集計しています。

【スキップのドロー系ショット数とショット率(予選L分)】
(国・ドロー系ショット数/ショット率)
 CAN 66回/80%
 SWE 63回/75%
 GBR 66回/81%
 SUI.  83回/73%
 JPN 79回/70%
 DEN 84回/71%
 CHI  90回/76%
 KOR 81回/68%
 RUS 83回/72%
 USA 94回/72%

上位3カ国はドローショットの回数が少ないのです。
コンシードの影響を加味していないので「ドローショットの割合」で
考えたらもう少し差は縮まるかも知れませんが。
カナダとスコットランド(イギリス)はドローショット数が2回しかない
試合も有りましたし、スーパーデリングが発動した日本vs中国も
デリングのドローショット数はわずか4本です。

「スキップにドローを強いるように持っていく」戦術が有効な
大会だったといえるでしょう。特にスウェーデンは最終エンドの
相手スキップのドローミスで勝ちを拾った試合が3回もありました。
スウェーデンのフォースは安定感がある人ではありませんが
試合運びが上手でしたね。それだけに決勝戦のゴミ事件が残念過ぎ。


デリングの今後は、戦術と精度の両面でレベルアップが求められます。
よくよく考えたらこの人はスキップ経験がまだ少ないのです。
トータルでも4年程度ですし、「日本代表スキップ」だと1年半程度。
伸びるのはこれからでしょう。

また次の4年は後継者育成も求められます。
スキップ候補は中電の藤澤さんや札幌国際大の吉村さんなど
他チームにも割と居ますが、それを支える「サード」(又はバイス)の
後継者が見当たりません。

スキップ1人では限界が有るのは前回のチーム青森や去年の
中電を見ても明らかです。
去年の代表選考会で「何が信じられないのか」と言い出した
中電の市川さんと、「歩なら出来るよ」と常に信じてくれる船山さんの
違いは相当大きいです。

なので、スキップと一蓮托生出来るサードの育成が求められます。
つまりペア育成です。
今のところ吉田さん+小野寺さんが第一候補なんでしょうけど。

4年後までに決勝まで観戦に耐えうる体力を身につけたいということで
締めたいと思います。みなさまお疲れ様でした。
 
| デリング | comments (0) |  

予想ハズレ

・3勝4敗に

良くて2勝という私の予想は見事にオオハズレでした。
この時点で準決勝進出の可能性が残ってるとは思わなんだ。

しかもあのOTTさんを下して。
と言うよりOTTさんがダメすぎたわけですが。

10E最後のアレは「あほかーーーーーっ!」と思ったけど
今日はカナダですら同じようなシーンでドローに失敗して
同じように延長に持ち込まれてるので、アイスが難しい状態
だったんでしょうな。

良くも悪くもデリング劇場。
あと2試合はスーパーデリングが出てこないと厳しいけど
どうなるかなー。

ミュアヘッドとかに比べると2歩も3歩も劣るスキップだけど
確変した時の破壊力はすさまじいので、それを願うばかりです。
もちろん仮に2連敗したとしても仕方ないでしょう。

さて。
 
| デリング | comments (0) |  

負けに不思議の負けなし

4連敗と絶不調のアメリカに取りこぼしですかい・・・
小野寺さん起用は1~2日早過ぎるとは思ったけどまだ
理解できるとして、彼女の得意なテイクアウト系中心に
しなかった戦術がまったく理解できません。

セカンドの人にドローショット中心にやらせるのなら、せめて
ハーフタイムで苫米地さんをリードに入れて吉田さんを
セカンドに戻すべきでした。
どのみち小野寺さんにはショックが残る結果ですが、
仮にそれで負けたとしても最後まで状態が上がらずに
敗戦した場合と比べてショックが弱くなるものです。

例えばサッカーでも、試合の中で「自分が足を引っ張ってる」という
自覚があるのに交代させてもらえない、というのが一番辛いのです。
「居残り罰ゲーム感」が出てきてしまうためです。
それならハーフタイムでさっさと引っ込んで「次頑張ろう」と
フォローしてもらうほうがまだマシです。

ちょっと今後が心配です。

作戦ミスで負けた、ここまでデリングを擁護できない試合も
珍しい、と思ったのは初めてだなあ。
こんな日もあるかー。

 
| デリング | comments (0) |  

デリング劇場へようこそ!

「デリング劇場」で検索してこちらに来られる方が急増しています。
それどころかこのワードでググると当過疎ブログがトップに来ますw

みなさま、デリング劇場へようこそ!

傍から見たら今の自分は「古参オタ」みたいな言動をしてますが
トリノ後から気にはしてたけど、真面目にデリングを再度見るように
なったのは2013日本選手権からですし、しかもこの大会の決勝で
ビシバシ決めまくってデリングを撃退した中電の藤澤さんのほうに
少し気持ちが傾いていたので、どちらかというとミーハーオタなんですね。

そんなことはどうでもいいですね、ハイ(--)

さて最初の3試合を終えて2勝1敗と、前回エントリで「2勝出来るかどうか」と
言っていた「2勝」を早くも達成したわけですが。
これは良い意味で予想外です。3連敗あると思ってましたし。

初戦の韓国戦でデリングだけが珍しく寝てなくて
(確かに6エンドのやらかしで負けたけど、正直初戦は
コンシード負けだと予想してました)
デリングの調子が思ったより良いなあと。

それと、3試合連続して第1エンド後攻を取れている点は
見逃せません。
試合前のDSC(ドローショットチャレンジ)で先攻後攻が
決まるのですが、第1エンド後攻を取れたほうが勝率が
16%くらい良くなるので、それを活かせていますね。
今後強豪戦になると先行スタートのほうが多くなりそうだけど。

今日はそのデリングが上下動激しかったけど
初戦でテイクアウト系が死んでいた吉田さんにドロー系メインで
行かせるようにしてからショット率が相当上がっているのと
船山さんが精度を1ランク上げてきたので、これなら
普通に勝てる・・・

と思ったらやらかして無駄に試合を熱くしてしまうのが
あの人なんだよねえ('A`)
最後に試合をまとめるところはさすがだけど。

何度見ても胃が痛くなる思いですが
「そんなあなたが見たかった」と思ってしまう自分に
苦笑いしながらこの後も見守りたいと思います。

ただ、今日は船山さんに「あのスルーはないよ~」と
説教してもらって下さい!(--)
 
| デリング | comments (0) |  

ソチ五輪女子カーリング展望

カーリングのデリングさんことと「小笠原歩」選手頑張れという
思いを込めて、デリングカテゴリを作ってみました。

年内に飽きてしまう可能性が高いですが
そうなったら・・・放置かな(--)

2つ前のエントリでアップした頭ポリポリシーンは
綾瀬はるかと島袋さんを足して2で割ったような顔に見えて
このシーンだけならメシ10杯くらいいけます。

・・・正面から顔を見るとデリングなので
そこで現実に引き戻されるわけですが。

しかも写真によってはマリノスGK(榎本哲也)にも見えるし
自分が高校時代トラウマを植え付けられた某先輩にも見えるし
良くも悪くも表情豊かすぎです。



てな感じで思いっきり本人に失礼な頭出しですが・・・(--;

後でプギャーされる可能性が非常に高いと思いますが
ソチの展望をメモしておきます。

正直、日本(道銀)は予選リーグ9試合で2勝できるか
どうかです。以下理由。

・デリングはトリノの頃から初戦に弱い
 - 五輪予選は見ての通りガタガタ
 - その前の日本代表決定戦では札幌国際大に2-10とボロ負け
・初戦で当たる韓国には勝ったことが無い
・つまり初戦は勝てる要素ゼロ
・船山さんがトリノ当時と比べて精度がまだ一部戻ってない
 - 「きゅうは~ん」の語源ともなったストーン速度制御力が戻って
   おらず、ショットがショートする場面が目立つ
   五輪予選ノルウェー戦第8エンドであった
   「後ろ持っていける?」→「ない」といったシーンが典型例。
 - 大ミスが無くある程度計算できるところは流石だが、
  無慈悲に決めまくり「100%の林」と呼ばれていた時と比べると
  やや物足りなさがある
 - 逆にデリングはあんなものかと。
  ただし後述の通りショット率70%前半では色々辛い
・リードとセカンドはトリノ当時と比べてそん色ない
・五輪予選におけるサードとスキップのショット率73%は
 2013WCCでは最下位クラス
 - TOP5に入るには80%が最低ライン
・以上を考慮するとチーム力はトリノ当時よりやや落ちると考えられ、
 2~4戦目のデンマーク、ロシア、アメリカとは勝負になるが、
 それ以外は厳しい

マスコミなどはいとも簡単に「メダル期待」とか言ってますが
所詮プレーオフで最後に滑り込んだチームです。
一昨年、サッカーのJ1昇格プレーオフで劇的な昇格劇を演じた
大分トリニータの昨年の成績はどうだったでしょうか。

また、それより以前のシーズンで、J2の3位で昇格を果たした
チームの翌年成績はどうだったでしょうか。

「最後に滑り込んだチーム」は、滑り込んだシーンが劇的で
あればある程将来に期待しがちですが、現実は得てして
悲惨な結果に終わるものです。

より上に行くには、初戦で寝がちなデリングをたたき起こすことと
船山さんがどれだけ状態を戻してくるかが鍵だと思ってます。
初戦の結果次第でかなり違ってくるでしょう。

さてどうなるやら。
 
| デリング | comments (0) |  

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2018年12月 次月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)