NEWEST /    BACK >

生存報告を兼ねて

生きてます。このサイトも何もしないのに半年ごとにレンタル鯖屋さんに6480円、2年ごとにレジストラに21ドル払って維持してますw

さて、遅くなりましたが触れておきます。
このblogカテゴリの対象人物だったので。

元日本代表FW坂田が引退決断 J2福岡退団し移籍模索も…条件まとまらず
アビスパ福岡が元日本代表FW坂田大輔の引退セレモニーを実施 中村俊輔らかつてのチームメイトからメッセージも(ドメサカブログ)

いつかは来るこういうニュース。
あの柏戦で見せたキラキラ感に魅せられて彼を追いかけるようになり、
活躍と怪我と不調のループを2010年まで繰り返し、マリノスを首になった後はネットで一生懸命アリスサロニカ(当時のギリシャのクラブ)の試合の視聴方法を調べ、、カクカクの動画でヨーロッパリーグを見ていたのは良い思い出。

今はただ、お疲れさまとだけ。

いや、このフレーズがあったか。


「サンキュー坂田!」
 
| 坂田大輔 | comments (0) |  

ご苦労様でした

【UEFA-EL 決勝T第2節:マンC 3-0 アリスサロニキ】

出場時間:45分(合計:135分/2試合(EL))
得点:0(合計:0点)

前半の時点でオワコン状態だったそうで。
ご苦労様でした(--
 
| 坂田大輔::出場データ | comments (0) |  

シュートが打てません

・ギリシャスーパーリーグ第9節:アトロミノス 0-0 アリス・テッサロニキ

出場時間:78分(合計:140分/2試合)
得点:0(合計:0点)

欧州リーグに備えて温存かと思ったらまさかの先発。
ポジションはこれまで通り4-2-3-1の左MF。

でもなぜか攻撃は右サイドに偏っていて、ボールがあまり来ない・・・。

いやそれ以前に、昔の国見のような蹴り合いサッカーになっていて、
もう何がなんだか状態。
シュート打てるようなチャンスが巡ってきません。

ギリシャリーグは、正直Jよりも面白みに欠けるなあ・・・。
 
| 坂田大輔::出場データ | comments (0) |  

やっぱり「温存」だった!

・坂田大輔、ヨーロッパリーグ・マンチェスターC戦先発・フル出場(2/15)

寝ようと思ったら寝れなくなってしまった・・・w

で、結果。

出場時間:90分(合計:90分/1試合(EL))
得点:0(合計:0点)

4-2-3-1の左SHとしての起用でした。
正直ボールへの絡みはイマイチ少なかったけど
運動量が全盛期を髣髴とさせるレベルでした。

次は点取ってくだしあ。

では、寝ます(--
 
| 坂田大輔::出場データ | comments (0) |  

温存かお払い箱か

・坂田は出番なし=ギリシャ1部サッカー(時事通信)

前節今節で半分くらい先発メンバーが入れ替わっているけど、
火曜日のマンC戦では使われるのでしょうかねえ・・・。
 
| 坂田大輔::出場データ | comments (0) |  

アリス初陣

・ギリシャスーパーリーグ第7節:AEKアテネ 1-2 アリス・テッサロニキ

出場時間:62分(合計:62分/1試合)
得点:0(合計:0点)

「Σακホャτα」が「サカタ」というのを理解するまで15分かかりました。
1点目は坂田のボール奪取から始まったようです。


でもシュート0本で後半17分で交替されたとのこと・・・。
次は使ってもらえるのかなあ。

とにかく、サカティのプロサッカー人生第2章が始まりました。
 
| 坂田大輔::出場データ | comments (0) |  

取り急ぎ

・坂田大輔、アリス・テッサロニキFCに入団決定。

(注:ギリシャ語サイト)


決まってよかったです。
背番号がまだ不明のようですが。
ギリシャ語の勉強と視聴方法の調査をしないといけませんね。
 
| 坂田大輔 | comments (0) |  

なんとなく取説

なんとなく書いてみます。気が向いたら更新。
続き▽
 
| 坂田大輔::取扱説明書 | comments (0) |  

商品カタログ

現時点でヴェルディと甲府の2クラブからオファーが来ています。
というわけで、取扱説明書の前段にあたる「商品カタログ」を書いてみます。
続き▽
 
| 坂田大輔::取扱説明書 | comments (x) |  

次は何処か

正式発表されたので。

・坂田大輔ほか8選手への戦力外通告(公式発表)

坂田については「仕方ないね」というのが正直な感想です。

「SH」という、適性を完全無視したような使われ方でシーズン開幕したこと、
その後しばらくしてFWで何試合か先発する機会があったものの
起用方法が一定せず、結果も残せなかった事、
さらにシーズン終盤ではベンチ外にまで追いやられた事。。。

これだけでも「戦力外」か「出場機会を求めた移籍」のどちらかになるのは
想定されましたが、さらに先述の「適性無視」「用法あいまい」という、坂田にとっては
相性激悪とも言える木村和司監督が来年から「3年間の長期契約」を
結んでしまった事で、その想定は「覚悟」へと変わってました。

なので別にショックも何もありません。むしろスッキリしています。
少ないチャンスの中でも結果を出せなかったのは彼にも非はありますが、
正直坂田にとっては不運としか言いようのない状況推移だったかと。
秋になって肩を脱臼すると言う故障に見舞われたのも地味に利いたかも。

あの監督の下では、彼は輝けません。

さてこれで来年は他クラブに行く事がほぼ確定したわけですが
(引退はまだないでしょう)、去年の「神戸お断り騒動」の顛末を考えると
「首都圏に近いJ1クラブに行きたい」と言う話になるのかなあ。

とりあえず推移を見守りたいと思います。

以上。
 
| 坂田大輔 | comments (x) |  

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >


Twitter Updates▼


ARCHIVES▼

<前月 2018年06月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

OTHER▼

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)